おすすめのキャッシングをチェック!銀行と消費者金融の比較

資金調達の手段

硬貨

様々なニーズに対応

住宅は一生に一度の買い物と言われるほど高額なので、購入する際にはほとんどの人が金融機関で住宅ローンを組むことになります。民間の金融機関でもいろいろなタイプの住宅ローンを提供しています。政府系の住宅金融支援機構が民間の金融機関を通じて提供しているのがフラット35です。住宅ローンは金額が大きいこともあって、返済期間は相応の長さになります。フラット35でも最長35年の返済期間が設定されています。それだけ長い期間になると、当然のことながら市場金利にも変動が起こりますが、フラット35では市場金利の上下に関係なく金利は固定となっています。市場金利が上昇したために住宅ローンの金利が上がるという心配をしなくて済むのです。また、一般的に民間の金融機関で住宅ローンの契約をした場合、保証料という名目でお金が必要になります。これは住宅ローンの返済が行き詰った時に代位弁済するための費用です。フラット35ではこの保証料が無料となっています。まとまったお金ができた時に繰り上げ返済をする場合にもフラット35であれば繰り上げ手数料はかかりません。コストパフォーマンスの観点から見ても優秀な商品と言えます。フラット35は2017年10月から利用者の得となるような変更が行われています。以前は団体信用生命保険の特約料を別途に支払う必要があったのですが、月々の返済額に含まれるようになったのです。団体信用生命保険に加入する場合は実質的な値下げとなります。